Authorkokuyouwind

2017年にやったこと

年の瀬ですね。2017年はすごくあっという間に過ぎていった感じがします。
ギリギリですがせっかくなので、年納めがてら今年やったことを振り返ってまとめたいと思います。

📗 同人活動

去年の冬コミでにゃんぱす!製作日誌を出したのに引き続き、今年1年はコンスタントに技術系の同人活動をすることができました。

技術書典2

4月の技術書典2では情報ガールを新刊頒布しました。

以前から情報科学をテーマにした小説を書きたいと思っていたので、短いながらも1冊の本にまとめて人に届けることができ、とても嬉しかったです。
また表紙をイラストレーターさんに依頼したり、個人サークルとして申し込んで細々した準備もしたりと、初めての経験も多く思い出深いイベントになりました。

技術書典3

10月の技術書典3ではいろんな言語でライフゲームRe:VIEWで本を書く本の2冊を新刊頒布しました。

前者は「PrologやSQLでライフゲーム書けるのでは?」という思いつきだけで書き始めたのですが、言語やパラダイムの特徴を捉える例として良いものになったんじゃないかと思います。
後者はせっかくRe:VIEWを使って本を書いたので、ノウハウ本があったら便利かなーと思いおまけ本として書いたものでした。

コミックマーケット93

12月末のコミックマーケット93ではTwitterサークル検索サービス「にゃんぱす!」のフライヤーを無料頒布しました。

昨年の「にゃんぱす!」は利用が少なかったため、大幅に見直しをかけてターゲットを一旦コミケに絞り作り直した結果、今回のコミケ会場では結構な数の方に「便利だった」と感想を頂くことができました。
また以前からなのくろと一緒に活動していたのですが、このコミケで初めて共同サークルのくろくろわーくすとして参加したので、そういう意味で新たなスタートを切ることができました。
プロダクトとしてもサークルとしても、うまく次に繋げていきたいと思います。

👔 お仕事

実はお仕事でもそこそこ露出が多かった年でした。

イベント

採用系のイベント2つで登壇させていただきました。

どちらも東京で、2~3月ごろに開催されたものです。
リアルネームの活動になれていないのでちょっと戸惑うことも多かったですが、いい経験になりました。

アドベントカレンダー

Misoca Advent Calendar 2017を立てて、みんなに参加してもらいました。
お祭り感があって楽しかったです。

🚄 旅行

お出かけする機会も多かったです。
とりあえず、東京には間違いなく2桁回行ってます。

他にちゃんと出かけたのを挙げると、

あたりでしょうか。
特に京都は宇治に行って「響け!ユーフォニアム」の聖地巡りをしたり、Airbnbで借りた家に引きこもってひたすら開発したりと、とても楽しかったです。
ぜひまたやりたい!

🎵 デレマス

開発系以外の話だと、かなりデレマスに傾倒した1年でした。
割と忙しいときでもデレステのイベントは欠かさず走ってた気がしますね…

また5thライブツアーのさいたまスーパーアリーナ公演を両日ともLVで参加ことができ、一気に現地行きたさが高まりました。
来年のナゴヤドームは絶対当てる。

あと、自作グッズにも手を出しました。
来年の卓上カレンダーはこれです。

🏡 自宅環境の整備

11月から12月にかけて、PC周りがだいぶボロくなったうえ手狭になってきたので、思い切ってデスク・チェア・モニタを一気に更新しました。

作業領域がモニタも机の上も広くなって大変快適になりました。
やはり作業環境には金をかけるべきですね。

🎯 来年の目標

2018年は新しいことにチャレンジするというより、今やってることをブラッシュアップしていきたいなーと思います。
特に技術同人誌の執筆と、趣味プロダクトのにゃんぱす!ブラッシュアップが二本柱でしょうか。

とりあえず、技術同人誌は引き続き色々書いていきたいと思います。なかでも情報ガールは続編を書きたいですね。
また、毎回〆切ギリギリでなんとかたたむみたいなことが多いので、もう少し計画的に書いて厚めの本を書いていきたいです。

他には、今年はあまり本を読めなかったなーという思いがあるため、もっと本を読む時間を作って積読を崩していこうと思います。
あと、デレマスのナゴヤドーム公演は絶対あてて現地で行く。(目標というより願望)

🌅 ご挨拶

多分ここまで読む頃には年が明けてると思いますので、本年もよろしくお願いします。

技術書を支える技術

この記事は第2のドワンゴ Advent Calendar 2017の15日目です。
14日目の担当はkusumotoaさんの1分で分かるDependency Injection in Swiftでした。

DST(Dwango Standard Time)ならまだ15日なのでセーフってことでお願いします。

📗 技術同人誌について

ここ1年ちょっと、技術同人誌を書くのがマイブームです。

これまでに書いたのは以下の4冊です。

だいぶ薄い本も入ってますが1年と少しの間に4冊の技術同人誌を書くことができました。(ダイレクトマーケティング)

なお年末のコミケでは新刊はないものの、昨年末に続きなのくろと一緒に開発しているにゃんぱす!というサービス関連の何らかの頒布を行います。
既刊も持っていくので、よかったら遊びに来てくださいね。(ダイレクトマーケティング)

そんなわけで、今回は技術書を書いた感想や知見などをつらつらと書いていきます。

Continue reading

Google Homeからつらいときに挙げる札を挙げる

この記事はMisoca Advent Calendar 2017の10日目です。
昨日の記事は@toyoshi開発以外の仕事でやってるちょっとした自動化の紹介でした。

今日はもともと時報ボットについて書くつもりだったんですが、急にGoogle Home半額セールが来た結果、いろいろ遊んだのでそっちに変えました。

先に結論から話すと、このツイートが全てです。

Continue reading

技術書典3のPDF版頒布 & COMIC ZINへの委託のお知らせ

技術書典3で頒布した書籍のPDF版頒布を始めました!
既刊も含めてBOOTH上で頒布しています。
価格は技術書典3での頒布と同額にしています。

そしてCOMIC ZINでも委託頒布を始めました。
こちらは在庫が多めにあった情報ガールのみですが、ab様の美しい装丁が楽しめるオフセット本になっています。
奥付にPDFのダウンロードコードも記載してありますので、どちらか迷ったらぜひ物理書籍を手元においていただければと思います。

おまけ本で頒布したRe:VIEWで本を書く本は無料で公開しています。
CircleCIのArtifactを辿らずに済むよう、PDFをDropboxにアップロードするようにしたので、簡単に見られるようになったと思います。
Re:VIEWリポジトリはCircleCIでtextlintの検査、artifactの生成、Dropboxへのアップロードまでしているので、このあたりの知見を別のブログにまとめたいと思います。

そんなわけで宣伝のみの手短なブログとなりましたが、現地に来られなかった皆様に読んでいただければ幸いです。

技術書展3にサークル参加しました

11月22日に秋葉原UDXで開催された技術書典3にサークル参加してきました!
忘れないうちにレポ記事を上げます。

頒布内容

Twitterでだけ宣伝してブログを書き忘れていたんですが、

の2冊を新刊で頒布しました。
新刊2冊というとかなり書いたみたいに聞こえますが、後者は20pのコピー本でおまけとして頒布したものです。

合わせて既刊の

も頒布しました。

お品書きはこんな感じでした。

当日のブース

当日の設営はこんな感じ。
通りがかった人にお品書きが見えやすいよう立てた他、今回は決済システムが公式から出ていたので決済用QRコードも前面に出しています。

当日は超大型台風が日本を直撃するタイミングと被ってしまい、かなり厳しい天候下での開催でした。
前回も大雨だったし、技術書典が雨になるのは因果律で縛られているのでは……?

しかし台風が迫る中でも、結構な数の一般参加者が来場されていました。
ずっとブースにいたので見に行けなかったのですが、今回は整理券配布で列に並ぶ必要がなく立ち読み&休憩スペースまで用意されていたので、前回と比べてだいぶ快適に参加できたのではないでしょうか。

Continue reading