Month12月 2011

ケヴィン・ケリー著作選集1より「無料より優れたもの」感想


達人出版会さんから無料で出版されているケヴィン・ケリー著作選集1を読んだので、これから数回に分けて感想をまとめていきたいと思います。

「ケヴィン・ケリーって誰?」って方には、この本の序文で氏の経歴や人となりに触れられています。
簡単にまとめると、主に情報技術分野(それ以外にもいろいろあるが)の雑誌や書籍などで活躍されている方です。
ちなみに自分はこの本に触れるまで氏のことはほとんど知りませんでした。
氏の業績と興味深い記事に触れるきっかけを下さった邦訳の堺屋七左衛門氏、そして氏の和訳記事をまとめて無料出版された達人出版会さんには頭が下がる思いです。

Continue reading


ふたご座流星群2012


月食に引き続き、一昨日の水曜日に極大となった双子座流星群の観測に行き、撮影してきました。

当日は夕方頃曇りで諦めかけていたのですが、夜が更けるにつれ空が晴れ、「これは行ける!」と装備を整えて1時半ごろから観測に向かいました。
とはいえ、あまり遠出はできないので近場の空き地ですが。
とりあえず、天頂付近にいるふたご座さんを撮影。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Continue reading


OCamlでBefungeインタプリタを実装してみた


なぜかふと思い立って、BefungeのインタプリタをOCamlで実装してしまいました。
Befungeってどんな言語? というと、↓がHello,worldのソースファイルになるような言語です。
ちなみにこのソースはWikipediaのものをそのままお借りしています。

v @_       v
>0"!dlroW"v 
v  :#     <>" ,olleH" v
   ^       <

WP-Codeboxでハイライトされない……
まぁ、さすがにこんなところまでサポートしてないですよね。
Brainfu*kはあるみたいですが。

Continue reading


OCamlでカウンターモジュール


副作用はなるべくないほうがよい。
それはそうなんですが、副作用を使ったほうが効率がよかったり、コードの見通しが良くなったりすることもよくある話です。
例えば、以下のような単純な表示関数printを考えます。

let print s =
  Format.printf "%s@." s

当然ながら、呼び出すと以下のように引数の文字列をそのまま表示します。

# print "a";;
a
- : unit = ()
# print "b";;
b
- : unit = ()
# print "c";;
c

Continue reading


月食2012


前回の月食前夜に引き続き、昨日の月食を撮って来ました。
半影月食は撮影してもあんまりわからないだろうということで、21:30過ぎに出陣。
撮影場所は前回と同じく家の裏手の公園です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出発が遅かったので既に少し欠け始めています。
この時点では、薄雲が月にかかっていたためだいぶ月が暗く、昨日の設定では殆ど写りませんでした。
この後も数枚露出を変えながら取るものの、雲が凄い勢いで流れているせいか光量が変化して調整が難しく、全体にボケ気味の写真に……
ギャラリーに上げた写真はだいぶ選別していますが、実際にはボケの嵐でした。

Continue reading