4/22に秋葉原UDXで行われた技術書典4にサークル参加してきました!

当日のブース設営はこんな感じです。

既刊が多くなってきたため、今回はしまや出版さんのダンダン段ボールNEOを使って既刊見本誌を2段に並べています。

また手にとって内容を確認しやすいよう、見本誌表示や概要などをシールで貼ってみました。
こちらはpixivの値札テンプレートをお借りしてデータを作成し、シール台紙に印刷してカットしたものです。

📕 頒布物

新刊として情報ガール チャーチ=チューリングのテーゼを150部印刷しました。
また既刊も、技術書典3やコミケ93で残った在庫を持ち込みました。こちらはそこそこ量があったことと、既に技術書典で頒布したものが多かったので増刷はしていません。

ちなみに、新刊/既刊ともBOOTHでPDF版を頒布しています。
当日売り切れた場合はBOOTHへのリンクQRコードを印刷したシールを貼っておき、そちらへ誘導するようにしてみました。

💰 売上

最終的に、頒布数は以下のようになりました。

正直なところ、思った以上に捌けたなーという印象です。
前回・前々回までと違い天候に恵まれたことと、スペースの立地がメインの通路沿いで足を止めてもらいやすかったことが強かったかなと思います。

なお、参考までに、今回の被チェック数は186でした。
前回までが58, 48と来ていたので、一気に3倍以上になっています。

ただ前回までは「被チェック数の2倍程度の部数が売れる」という法則があったのですが、今回は被チェック数と同数~ちょい増しくらいの部数になりました。
天候が良いとチェックだけするライト層が増えるとか、スペース番号が若かったのでチェックリストに入れる人が多いのかもとか、いろいろ推測できて面白いですね。

💬 感想

技術書典への参加はこれで3度目ですが、やはり自分の本を手にとって見てもらえる、いろいろコミニュケーションを取れる場は楽しいですね。
運営の手際も素晴らしく、設営・イベント中・撤収含めて一切混乱なく終わりました。

他に印象に残った点としては以下の通りです。

  • ブース配置は結構見栄えがして見本誌も取ってもらいやすく、我ながら良い感じだった
  • COMIC ZIN委託の在庫分は、依頼すれば直接会場に郵送してもらえるのでめっちゃ便利だった
  • 普通のシール台紙に家のプリンタで印刷したら、どんどんシールが剥げて悲しかった。要改善
  • 新刊の見本誌は小さいイーゼルを使って立てたが、滑りやすく何度か事故った。多分ゴム足かなんか付けたほうがいい

当日ブースにお越しいただいた皆様、また運営/サークル参加/一般参加で技術書典4に携わられた皆様、お疲れ様でした!