androidでO’Reillyの書籍が安く買えて、しかもDRMフリーのePubでエクスポートできる。
それなら、epub読めるクラウドさえあればデータ持ち歩かなくてもどこでも読めるんじゃないか、と思って調べてみたところ、Ibis Readerというのが便利そうでした。
似たようなのでbooki.shというのもあったのですが、こちらはインターフェースが好みに合わず。

ちなみにどちらも縦書きには非対応のため、残念ながら青空文庫などで日本語の書籍を拾ってきても横書きになってしまいます。
ちょっと残念。国産で似たようなクラウドサービスがあれば……
あ、作ればい(ry

ちなみに、青空文庫やテキストファイルはTest2ePubで、PDFはcaribreというソフトでそれぞれePubに変換しています。
ePubは組版情報が基本的にないため、図表の多い本はレイアウトが崩れてしまいますが、学術書や論文なんかは組版が多少崩れても問題ないので、読書感はあまり変わりません。
オープンソースになっているO’ReillyのRuby Best Practicesを変換してクラウドに突っ込んでみましたが、十分読めます。
データをいちいち転送しなくても、ブラウザさえあれば書籍が読める、というのはいいですね。

でもやっぱり、日本語の小説は縦書きで読みたい、そして出来れば布団の中とか電車の中でも読みたい。
あと、液晶で読むと疲れるので電子ペーパーがいいなぁ……で、結局電子書籍リーダーが欲しくなっちゃうんですよね。
ざっと調べたところ、国産で電子ペーパーのリーダーはSONYのReaderくらいしかないんですね。
海外品ならAmazonのKindle、あと日本だとあまり有名ではないですがKoboのKobo Touchなんかが気になるところ。
特にKoboのはフォントをインストールできるらしい。綺麗な書体で読めるのはいいですよね。
とはいえ海外品は購入手続きや日本語化、縦書き表示できるかよくわからないなど色々難点が。
楽天がKoboを買収したらしいので、国内での端末販売を期待したいところ。
ま、端末より版権目的の買収っぽいので難しいかもしれませんけど。
端末は既にRabooがありますからねぇ……