技術書典4に当選しました

前回の記事で「ブログを週に1回更新する」という目標を入れたのに、既に年が明けてから1ヶ月過ぎててびっくりしました。
もっと雑に書いていきたい。

ちなみに2月のカレンダーは歌鈴ちゃんです。

✒ 技術書典4

タイトルの通り、技術書典4に当選しました。

前回までは落選したというツイートをあまり見なかった気がするのですが、今回は知り合いでも落ちたという人がちらほら……
検索をかけてみた感じ、現時点でも10サークル以上は落選サークルがあるようです。
それだけ盛り上がっているということだとは思いますが、次回はもっと多くのサークルが参加できる会場になるといいですね。

📕 書く予定の本について

今回は技術書典2で頒布した情報ガールの続きとして、チャーチ=チューリングのテーゼをテーマにした本を頒布する予定です。
続きとは言ってもキャラクターと世界観を引き継ぐだけで、単独で読める本になると思います。

以下のような内容を盛り込もうと考えていますが、ボリュームや書く日数の関係でいくつかの要素は削ることになると思います。

  • オートマトンとチューリングマシンの基礎
  • ラムダ計算の基礎
  • チューリングマシンとラムダ計算の関係
  • ノイマン型コンピュータとチューリングマシンの関係
  • プログラム言語と計算モデルの関係

毎回ギリギリになって推敲やレビューの時間がほとんど取れていないので、今回こそは余裕を持ってスケジュールを引こう……
そんなわけで、4月22日は技術書典4へぜひお越し下さい!

2018年のやりたいことリスト100

あけましておめでとうございます。
年末から帰省しているのですが、回線速度が遅すぎて人権を侵害された生活を送っています。

この回線速度で作業するのはやる気が起こらず、かといって実家ではやれることもそこまでなく、結果、無限にデレステの新年イベントを回しています。

Happy New Yeah!、楽しくていい曲ですね。
今年はぜひこの曲をひっさげてカウントダウンライブをやってほしいです。

✅ 新年の目標

Twitterのタイムラインで「今年のやりたいことリスト100」みたいなのを見かけたので、暇つぶしも兼ねて年始の目標がてら作ってみることにしました。

ちなみに去年は『人生の舵は自分で切れ!あなたの10年後は今週の33.6時間で決まる』に従って目標を立てていたのですが、毎週の目標まで落とすのは細かすぎた感があり、1週遅れたあとズルズルと保守しなくなってしまいました。

人生の舵は自分で切れ!あなたの10年後は今週の33.6時間で決まる (impress QuickBooks)
人生の舵は自分で切れ!あなたの10年後は今週の33.6時間で決まる (impress QuickBooks)jMatsuzaki

インプレス 2013-08-08
売り上げランキング : 6934

Amazonで詳しく見る by G-Tools

とはいえ無駄だったわけではなく、技術系同人の執筆や開発など、実現できたことも色々とありました。
ミッションステートメントを立てて実験計画に落としていくところまでは非常に役に立ったのですが、週次でやることを決めて見直しをかけるのはちょっと窮屈で、自分に合わなかった感じです。

そんなわけで、今回は形式こそ「やりたいことリスト100」ですが、内容は去年の週次実験計画から引き継いだり発展させたりしたものがほとんどになっています。

Continue reading

2017年にやったこと

年の瀬ですね。2017年はすごくあっという間に過ぎていった感じがします。
ギリギリですがせっかくなので、年納めがてら今年やったことを振り返ってまとめたいと思います。

📗 同人活動

去年の冬コミでにゃんぱす!製作日誌を出したのに引き続き、今年1年はコンスタントに技術系の同人活動をすることができました。

技術書典2

4月の技術書典2では情報ガールを新刊頒布しました。

以前から情報科学をテーマにした小説を書きたいと思っていたので、短いながらも1冊の本にまとめて人に届けることができ、とても嬉しかったです。
また表紙をイラストレーターさんに依頼したり、個人サークルとして申し込んで細々した準備もしたりと、初めての経験も多く思い出深いイベントになりました。

技術書典3

10月の技術書典3ではいろんな言語でライフゲームRe:VIEWで本を書く本の2冊を新刊頒布しました。

前者は「PrologやSQLでライフゲーム書けるのでは?」という思いつきだけで書き始めたのですが、言語やパラダイムの特徴を捉える例として良いものになったんじゃないかと思います。
後者はせっかくRe:VIEWを使って本を書いたので、ノウハウ本があったら便利かなーと思いおまけ本として書いたものでした。

コミックマーケット93

12月末のコミックマーケット93ではTwitterサークル検索サービス「にゃんぱす!」のフライヤーを無料頒布しました。

昨年の「にゃんぱす!」は利用が少なかったため、大幅に見直しをかけてターゲットを一旦コミケに絞り作り直した結果、今回のコミケ会場では結構な数の方に「便利だった」と感想を頂くことができました。
また以前からなのくろと一緒に活動していたのですが、このコミケで初めて共同サークルのくろくろわーくすとして参加したので、そういう意味で新たなスタートを切ることができました。
プロダクトとしてもサークルとしても、うまく次に繋げていきたいと思います。

👔 お仕事

実はお仕事でもそこそこ露出が多かった年でした。

イベント

採用系のイベント2つで登壇させていただきました。

どちらも東京で、2~3月ごろに開催されたものです。
リアルネームの活動になれていないのでちょっと戸惑うことも多かったですが、いい経験になりました。

アドベントカレンダー

Misoca Advent Calendar 2017を立てて、みんなに参加してもらいました。
お祭り感があって楽しかったです。

🚄 旅行

お出かけする機会も多かったです。
とりあえず、東京には間違いなく2桁回行ってます。

他にちゃんと出かけたのを挙げると、

あたりでしょうか。
特に京都は宇治に行って「響け!ユーフォニアム」の聖地巡りをしたり、Airbnbで借りた家に引きこもってひたすら開発したりと、とても楽しかったです。
ぜひまたやりたい!

🎵 デレマス

開発系以外の話だと、かなりデレマスに傾倒した1年でした。
割と忙しいときでもデレステのイベントは欠かさず走ってた気がしますね…

また5thライブツアーのさいたまスーパーアリーナ公演を両日ともLVで参加ことができ、一気に現地行きたさが高まりました。
来年のナゴヤドームは絶対当てる。

あと、自作グッズにも手を出しました。
来年の卓上カレンダーはこれです。

🏡 自宅環境の整備

11月から12月にかけて、PC周りがだいぶボロくなったうえ手狭になってきたので、思い切ってデスク・チェア・モニタを一気に更新しました。

作業領域がモニタも机の上も広くなって大変快適になりました。
やはり作業環境には金をかけるべきですね。

🎯 来年の目標

2018年は新しいことにチャレンジするというより、今やってることをブラッシュアップしていきたいなーと思います。
特に技術同人誌の執筆と、趣味プロダクトのにゃんぱす!ブラッシュアップが二本柱でしょうか。

とりあえず、技術同人誌は引き続き色々書いていきたいと思います。なかでも情報ガールは続編を書きたいですね。
また、毎回〆切ギリギリでなんとかたたむみたいなことが多いので、もう少し計画的に書いて厚めの本を書いていきたいです。

他には、今年はあまり本を読めなかったなーという思いがあるため、もっと本を読む時間を作って積読を崩していこうと思います。
あと、デレマスのナゴヤドーム公演は絶対あてて現地で行く。(目標というより願望)

🌅 ご挨拶

多分ここまで読む頃には年が明けてると思いますので、本年もよろしくお願いします。

技術書を支える技術

この記事は第2のドワンゴ Advent Calendar 2017の15日目です。
14日目の担当はkusumotoaさんの1分で分かるDependency Injection in Swiftでした。

DST(Dwango Standard Time)ならまだ15日なのでセーフってことでお願いします。

📗 技術同人誌について

ここ1年ちょっと、技術同人誌を書くのがマイブームです。

これまでに書いたのは以下の4冊です。

だいぶ薄い本も入ってますが1年と少しの間に4冊の技術同人誌を書くことができました。(ダイレクトマーケティング)

なお年末のコミケでは新刊はないものの、昨年末に続きなのくろと一緒に開発しているにゃんぱす!というサービス関連の何らかの頒布を行います。
既刊も持っていくので、よかったら遊びに来てくださいね。(ダイレクトマーケティング)

そんなわけで、今回は技術書を書いた感想や知見などをつらつらと書いていきます。

Continue reading

Google Homeからつらいときに挙げる札を挙げる

この記事はMisoca Advent Calendar 2017の10日目です。
昨日の記事は@toyoshi開発以外の仕事でやってるちょっとした自動化の紹介でした。

今日はもともと時報ボットについて書くつもりだったんですが、急にGoogle Home半額セールが来た結果、いろいろ遊んだのでそっちに変えました。

先に結論から話すと、このツイートが全てです。

Continue reading